Special Interview Justin Mackeeさん

Special Interview Justin Mackeeさん

Let.Tokyo.Eat.Cake」との出会いは、2021年の冬、Justinさんが出展者として参加していた代官山のマルシェでした。「Let.Tokyo.Eat.Cake」のブースは甘いケーキの香りに包まれ、明るいお人柄のJustinさんとの会話により訪れた人々が自然と笑顔になっていく光景が印象的でした。

まさに日々の活動を通して”Think of YOU”を行動にしていらっしゃるJustinさんにお話しを伺いました。

プロフィール Profile

■Justin Mackeeさん

東京生まれ、人生の大半を海外で過ごす。世界中の企業を支援するリスクマネジメントのコンサルタント会社を経営。2020年にはCOVID-19の大流行によって経済的な影響を受けている家族を支援しようと手作りのバナナキャロットケーキを届けるチャリティープロジェクト「Let.Tokyo.Eat.Cake」を開始。2021121日現在、これまでに700個強のケーキを販売し、150万円をセカンドハーベスト・ジャパンに寄付。さらに、応援している2つの子ども食堂のために毎週400個のケーキを作っている。

 

 

 

Let.Tokyo.Eat.Cake」はどのような活動ですか?

経済的に苦しい人たちを支援するチャリティーのために、私自身がケーキを焼いて届けるというものです。ケーキはニンジンとバナナのケーキ一種類だけで、東京23区内であればどこでも自分で配達します。

I bake and deliver cakes personally to raise money for a charity helping those people who are financially struggling to feed themselves and their families. I only bake one type of cake, a carrot and banana cake, and will deliver the cake myself anywhere within Tokyo’s 23 wards.

 ▷愛犬と配達するJustinさん

 

活動を始めようと思ったきっかけは?

Let.Tokyo.Eat.Cake」を始めた2020年は、ここ日本でも世界でも、誰にとっても非常に困難な時期でした。COVID-19は多くの人々の生活に大きな経済的影響があったことは間違いなく、今後もその影響は続くと考えています。

しかし、それはストーリーの一部でしかありません。実は、パンデミックが世界的に話題になり始めた20202月、一緒に暮らし、残りの人生を一緒に過ごすと思っていたパートナーとの関係に終止符を打つという出来事も経験もしました。過去に苦しみうつ病になるか、人助けをして自分を助けるか、現実的な選択を迫られていたのです。

パンデミックそのものはどうすることもできないし、家でどうしようもないことで悩んでいるよりは、せめて、何か前向きなことができるのではないかと思ったのです。

このプロジェクトは、私の人生の中でとても暗く困難な時期に、前向きな気持ちを見出すための方法として。人を助けることで自分を助ける方法として始まりました。

The beginning of 2020 was an incredibly challenging time for everyone, here in Japan and around the world. Although we have been relatively lucky here in Japan with the extent to which COVID-19 has impacted people’s lives, there is no doubt that there has been and will continue to be a major economic impact on many people’s lives.

But that’s just part of the story. The truth is that in February 2020, just as the pandemic was starting to make global headlines, the person that I lived with and that I thought I would be spending the rest of my life with, surprised me by ending our relationship and moving out.  I had a very real choice to make between falling into depression – something that I’ve struggled with in the past – or trying to help myself by helping others.

There was nothing I could do about the pandemic itself. I thought at least there might be something positive I could do with my time to help others, rather than just sitting at home and worrying myself about things totally outside of my control.

he project began as a way for me to find some positivity at a very dark and challenging time in my life – as a way of helping myself by helping others.

 

▷Justinさんと、Justinさんの祖母。幸せの瞬間を切り取った大切な一枚。

 

 

 みんなでシェアしたくなるような優しい味のケーキ。美味しさの秘密は?

 

このケーキを作り始めたのは、15年以上前ロンドンに住んでいた頃です。友人の子供たちのためにケーキを作りたいと思い、私の好きな2つのケーキ、バナナブレッドとキャロットケーキを組み合わせてみようと思ったのです。

その時、ほとんどのケーキ作りのレシピが、砂糖を多めに使うことを勧めていることに気づきました。私はレシピをアレンジし、乳製品を使わず、グラニュー糖の代わりに刻んだデーツやイチジクを使うなどヘルシーなケーキを目指しました。今では目をつぶっていても焼けます。

このケーキの美味しさは、子供から大人まで、老若男女が食べて喜びと愛情を感じることだと思います。午後のおやつに、山登りの時のおやつに、クリームチーズをアイシングした誕生日ケーキに、このケーキは多くのシーンで喜びを与えてくれます。

また、私が唯一焼き方を知っているケーキでもあります。ハハハ

I originally started baking this cake more than 15 years ago, when I was living in London. Wanting to bake a cake for my friends children, I decided that I would try and combine my two favourite cakes – banana bread and carrot cake. The recipe evolved as I realised that most baking recipes suggest using way too much sugar. Over time that sugar has been replaced with chopped dates and figs, and has become this cake that I can now bake with my eyes closed.

For me deliciousness in this cake is both children and adults, young and old, eating it and feeling joy and love. Whether it’s an afternoon treat, a snack for when you’re hiking up a mountain, or a birthday cake with cream cheese icing – this cake can bring you some joy.

Also, it’s the only cake I know how to bake. Hahaha

 

 

活動を進める中で、想定外だったこともあったのではないでしょうか。

ケーキの値段は3,000円で、当初はケーキの売上を全額、日本各地のフードバンクを支援するセカンドハーベスト・ジャパンに寄付することにしていました。

予想外だったのは、数週間で100個以上のケーキの注文が入ったことです。SNSを通じて、多くの人がケーキに関心を寄せてくれていることがわかると、私はコンサルティングの仕事と並行してこのプロジェクトを持続可能なものにしなければならないと思いました。考えた末、3,000円のうち2,000円をセカンドハーベスト・ジャパンに寄付し、1,000円を材料費に充てることにしました。

So to begin with I had set out that all the proceeds of the cake sales would be donated to Second Harvest Japan – a charity that funds and supports food banks across Japan. The cakes have been priced at JPY 3,000 from the beginning. What I didn’t expect was that within a few weeks I would have received orders for over 100 cakes. Once it became clear that there was more interest in the cakes than expected, thanks to the support of so many people across social media, I realised that I needed to try and make this a sustainable project, one that I could keep doing alongside any consulting work that came in – that I would need to continue paying my own bills. Eventually the decision was taken that of the JPY3,000 – JPY 2,000 would be donated to Second Harvest Japan with JPY1,000 going to the ingredient costs.

 

 

 

 

自分自身もつらい状況の時、ケーキを届けたときの人々の笑顔や会話が一筋の光となりました。配達のたびに新しい出会いがありました。10年以上会っていなかった友人にケーキを届けたり、憧れのシェフにケーキを届けたり。SNSでケーキのことを知り応援したいと注文してくれた方もいました。地球の裏側にいる、会いたいけど会いに行けない人の代わりにケーキでその愛を繋ぐお手伝いもしてきました。

even the briefest of conversations with people when I delivered a cake, the smiles and the thankfulness, was a ray of light.

Along the way, I’ve delivered cakes to people I’ve not seen in more than ten years, to chefs that I admire, to people that have just heard about the cake through social media and decided that they wanted to support. I’ve helped to connect people from the other side of the world with a person that they care about but cannot visit – and to share that love between them through a cake.

 

届けた先での出会いや、そこで交わされる言葉が活動の源になっているんですね。今後のプランはありますか?

Let Tokyo Eat Cakeを立ち上げてから18ヶ月が経過しました。私は今、より環境に配慮し、より繊細でおいしい食品を届ける新しいビジネス「COCONO」を立ち上げる準備をしています。2022年にナチュラルココナッツヨーグルトからスタートする予定です。

18 months after starting Let Tokyo Eat Cake – I’m now preparing to launch a new business – COCONO – to create delicious food products in a more environmentally responsible and sensitive manner. We’ll be starting with Natural Coconut Yoghurt in 2022 and I can’t wait!

 

最後に。毎日を心地よく過ごすために、Justinさんが意識していることがあれば教えてください。

身体的にも精神的にも健康であることを意識しています。毎日、走って、運動して、体を動かして、汗を流して心を澄ませるようにしています。それが身体的にも精神的にも役立っています。

さらに、私はセラピストとの対話も取り入れています。人生には、いつどんな試練が訪れるかわかりません。自分自身と、自分を愛してくれる周りの人たちのために、心の健康に気を配ることは、私たち個人の責任だと考えています。

Keeping healthy for me means being physically healthy and mentally healthy. Every day I try to run, workout, be physical, and let my mind clear through the sweat. That helps me physically and mentally. But more than that, I also have a therapist that I speak with, even when life is good and the sun is shining – someone that helps me to maintain a healthy mind. You never know when life is going to throw challenges to test you. Ultimately its our individual responsibility to look after our mental health, for ourselves and for those around us that love us. 

 

Information

Let.Tokyo.Eat.Cake」HP:https://www.lettokyoeatcake.com 
Let.Tokyo.Eat.Cake」インスタグラム:www.instagram.com/let.tokyo.eat.cake/